注文住宅から未来を見据えて電気を売ってみよう

太陽光発電装置を、あらかじめ屋根に備え付けておくかどうかで悩みました。
確かに太陽光発電は主流になりつつありますし、オール電化のオタクも増えてきました。
しかし設置の費用がかなり高い事と、屋根の重量の関係で数が限られていることが悩みの種になりました。
建築会社からは、後付けするよりも絶対に今つけた方が良いと進められてしまいました。

家族と話し合った結果、屋根の一部にのみ取り付けることで解決しました。
理由としてはやはり費用面での建築会社との相談があったことと、後々の成果を考えて結論に至りました。氷川台付近の新築や建替えでもそうするお宅が多いようです。
初期投資は確かに大きいのですが、発電した電力は一定以上は買い取ってもらえます。
これにより、年間の電気使用代金から、およそ一万円程度の値引きがされていきます。
設置費用等を払い終えてしまえば、そこから先は電気を作った分だけお金が入ることになります。
夏場の電気使用量と発電量を比較し、設置に踏み切りました。

初期投資などという大それた言葉にしてしまうと、少し敬遠してしまいます。
しかし我が家のようにガスの使用を最低限まで抑えてしまえば、主要エネルギーはすべて電気になります。
屋根に設置しておくだけで発電をしてくれる、いわば放置型の貯蓄システムのようなものです。
もちろん、設置にあたっては屋根の面積、初期費用など、問題はたくさんあると思います。
しかしそれ以上に、その先の生活の事を考えて検討してみるだけでも、十分に価値はあると思います。

PR|JALカード|生命保険の選び方|サプリメント|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|サプリメント|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク